似合う色を知ると、自分が好きになる

昔は似合っていたのにしっくりこない。
いつも同じ色の洋服やメイクカラーばかり買ってしまう。
友人が着たら似合うのに自分が着るとしっくりこない。
あ~もう歳かしら?

こんな経験はありませんか?

何を着たらいいのか、何が似合うかわからないんです!と、駈け込んで来られる方はとても多いです。

自分の肌の色や瞳の色に調和する色味のことを「パーソナルカラー」と言います。

今ではブルべさん、イエベさんという略語がテレビや雑誌などでも取り上げられるようになりましたね。

パーソナルカラーには大きく分けてブルーベース、そしてイエローベースと2つに分けられます。

ピンクが好きと言っても、肌に馴染むのはサーモンピンクなのか青みがあるピンクなのか?
赤は赤でも、朱色なのかワインレッドなのか、鮮やかな赤なのか?

真っ白のシャツが肌をきれいに魅せるのか、生成りのブラウスが上品に見えるのかも人それぞれなのです。

黒やベージュは無難で安心、という方も多いですが顔の周りに持ってくる色はどうせだったら「自分を素敵に」魅せてくれる色を選びたいですね。

自分の肌に調和する色の効果は絶大です。
顔に立体感が出たり、透明感が増したり、イキイキと見えたり。

約100枚のドレープという布を顔の周りに当てて、診断します。
春、夏、秋、冬と4つのグループに分けられます。

色だけではなく、素材、柄、形、靴やバックなどの小物、アクセサリー、メイクカラーなどもアドバイスします。

今、手持ちのものを少し変化させたり、重ねたり、工夫することで印象は変わりますよ。

みなさん、一喜一憂!

わあ、これは好きな色、顔が明るく見えるんですね。
この色のワンピースを買うかどうか迷っていたけど自信を持って買えます!
黒ばかり着ていたけどこんなに明るい色を着ても大丈夫なんですね。

と、様々な声が飛び交います。

新しい自分に出逢うハッピーな時間です。

ただ、似合う色、苦手な色を知ることだけが目的ではないのです。

最初は「どんな女性になりたいですか?」
カウンセリングから始めます。

かっこいい女性に見られたい、どうして?
女性らしさ、上品さが増すと何が変わる?
若々しいねって言われたらどんな気持ち?
似合う色の洋服が見つかったらどこに行きたいの?何がしたい?
誰と一緒にいたい?

そこから「なりたい自分」に気づく。

自分に自信が持てる
自分が好きになる

メイクセラピーとパーソナルカラー診断は魔法のよう・・・

Scroll Up